瓜田純士の嫁は麗子で元嫁はあけみ?子供は元アイドルで息子と娘?現在の収入源は作家?

瓜田純士の嫁は麗子で元嫁はあけみ?子供は元アイドルで息子と娘?現在の収入源は作家?
引用元:blog.a3erf.com
この記事は約8分で読めます。

瓜田純士さんは、これまでに、総合格闘家、キックボクサーをはじめ、作家、YouTuberなど、マルチに活動してきたことで知られています。

今回は、そんな瓜田純士さんの現在が何かと話題になっており、気になる噂の真相を調査してみましたので、是非最後まで気軽にお付き合いください。

スポンサーリンク

瓜田純士の嫁は麗子で元嫁はあけみ?

子供のころ、反社会的勢力にくわわって、出所後、手を切って、2008年に、THE OUTSIDERで総合格闘家デビューしたという、あまりにも波乱万丈な人生だった、瓜田純士さん。

さて、そんな瓜田純士さんの結婚にも興味が湧きますが、はたして、相手はどういう人だったのでしょうか。

調べてみたところ、瓜田純士さんの嫁は麗子さんという女性で、元嫁はあけみさんという女性だということが出てきました。

瓜田純士さんのこれまでの結婚の流れについて、そして、この2人の女性について、見ていくことにしましょう。

まず、瓜田純士さんの2022年現在の嫁は、瓜田麗子さんといって、なんと、4人目の嫁だったのです。

まさか、瓜田純士さんが、過去に3回も嫁と離婚していたなんて、信じられませんけどね。

瓜田純士さんと瓜田麗子さんは、2014年にめでたくゴールインしており、2022年現在、結婚生活は8年となっていました。

一方で、元嫁のあけみさん、そして、その他の2人なのですが、これらの女性については、結婚に際して、信じられないような経緯があったのです。

瓜田純士の嫁は麗子で元嫁はあけみ?子供は元アイドルで息子と娘?現在の収入源は作家?

引用元:ameblo.jp

なんと、瓜田純士さんは、瓜田麗子さん以外の女性との結婚は、全部、自分の演出のためにしたのであって、結婚相手のことはまったく考慮しなかったとのこと。

瓜田純士さんにとって、過去3回の結婚というものは、腹が減ったら牛丼を食べるという感覚だったというのでした。

もっとも、瓜田麗子さんだけは、まったく違うようで、夫婦生活はいたってうまくいっているようですよ。

原田龍二の嫁は鎌江愛で元女優で?弟の本宮泰風と似てる?松本明子の関係は義理の妹?

スポンサーリンク

瓜田純士の子供は元アイドルで息子と娘?

ということで、結婚については、かなり独特としかいいようのない路線を進んでいた、瓜田純士さん。

さて、そんな瓜田純士さんだけに、子供がどういう感じだったのかについても、とても注目すべきところではないでしょうか。

そこで、探ってみたところ、これまたおどろくべきことに、瓜田純士さんの子供については、元アイドルといったことが出てきたのでした。

瓜田純士さんには、息子と娘がいたものの、これらの子供たちは、実の子供というわけではありません。

スポンサーリンク

瓜田純士さんは、過去に3回も離婚していて、瓜田麗子さんで嫁は4人目になるものの、4人の嫁たちとの間に子供は生まれていませんでした。

そして、瓜田麗子さんが元夫との間にもうけた連れ子が瓜田純士さんの子供だったというわけでした。

この瓜田純士さんの子供とは、息子は清久ジェリヤさん、娘は清久レイアさんという人です。

なお、清久ジェリヤさんと清久レイアさんは、ともに元アイドルという経歴の持ち主であり、ネーミングが外国人風だと思ったら、実は、ロシア系のクウォーターだったとのこと。

とくに、清久レイアさんは有名で、あのアイドルグループのアイドリング!!!の元メンバーだったのでした。

清久レイアさんは、2006年に結成されたアイドリング!!!に、2012年に加入し、アイドルになっています。

ところが、清久レイアさんは、わずか2年後の2014年にアイドリング!!!を卒業して、所属していた芸能事務所のプロダクション尾木も退所して、芸能界から引退してしまったのでした。

なお、清久レイアさんが所属していたアイドリング!!!も、2015年には解散してしまったのです。

瓜田純士の嫁は麗子で元嫁はあけみ?子供は元アイドルで息子と娘?現在の収入源は作家?

引用元:aidoly.net

後藤祐樹の現在の嫁は金持ちで会社経営?元嫁の子供がアイドル?昔の犯罪歴がヤバい!

スポンサーリンク

瓜田純士の現在の収入源は作家?

瓜田純士さんは、冒頭でも申し上げました通り、総合格闘家だけではなく、その活動はとても幅広いものになっています。

では、そんな瓜田純士さんのおもだった、2022年現在の収入源とは、いったい、何だったというのでしょうか。

一般的には、総合格闘家デビュー前のアウトロー時代のエピソード、そして、総合格闘家デビュー後の活動が有名な、瓜田純士さん。

しかし、先述のように、瓜田純士さんは、作家としても、とても活躍していた人物だったのでした。

瓜田純士の嫁は麗子で元嫁はあけみ?子供は元アイドルで息子と娘?現在の収入源は作家?

引用元:books.rakuten.co.jp

ふつう、作家といえば、大手の出版社の文学賞の受賞によってデビューするというケースがほとんど。

一方、瓜田純士さんは、異色で、反社会的勢力のメンバーだったころ、服役していた刑務所内でコンクールが開かれ、応募したところ、選ばれて、出所後に作家をめざすようになったのです。

やがて、瓜田純士さんは、2008年に、『ドブネズミのバラード』を刊行したことによって、作家としてデビュー。

以後、2009年に『ピラニア 〜雨の街、俺たちの絆〜』、2010年に『泥だらけのありがとう アウトローのカリスマ44のメッセージ』、2014年に『遺書 〜関東連合崩壊の真実と、ある兄弟の絆〜』、2015年に『國殺 ~国が國を殺している~』と、精力的に活動していきます。

瓜田純士の嫁は麗子で元嫁はあけみ?子供は元アイドルで息子と娘?現在の収入源は作家?

引用元:books.rakuten.co.jp

2022年現在、5年以内だけでも、2017年に『熱帯夜』、2021年に『アンサー』と、出版を繰り返していた、瓜田純士さん。

こうしたことを見る限り、瓜田純士さんは、作家としての活動も、そうとうな収入源であったということができるでしょう。

これから先も、そんな瓜田純士さんのあらたな著作を拝見することができるのが楽しみでなりませんね。

朝倉未来の年収10億円は嘘?主な収入源はブランドとYouTube?メンバー達の給料が凄い!